枕山龍潭

07千里光薬園
2000年に計画が始まり、2010年に正式開園しました。宜蘭の豊かな自然が、豊富な漢方薬資源をはぐくんだことに触発され、収集栽培して、学術研究、養生保健と伝承学習の用途に使います。『千里光』は薬草名です。台湾草薬が在国際的に有名になることを願っています。既にたくさんの製品と薬草食品を開発しました。

08橘の郷砂糖漬けイメージ館
1990年に成立しました。Agriosはスペイン語で、『柑橘風味』という意味です。長年健康、自然風味の製品を生産することにこだわり、宜蘭砂糖漬けの第一ブランドです。近年来金橘文化季の開催を計画し、さらに吉箱工坊デザイン感にあふれたスペースを作り、Agrios砂糖漬け文化を流行にします。

09菌ベイビー博物館
拜寧生物科技グループは、台湾とアメリカの微生物専門家が共同で計画設立し、台湾で初めて以微生物をテーマとした博物館です。インタラクティブガイド、体験探索方式で民衆に正確な微生物知識を教え、みんなに微生物世界を知ってもらいます。

10亜典菓子工場 / 亜典ケーキパスワード館
2007年に成立しました。ケーキ界の「ベーキング達人」と代理生産の天王頼文典がブランドを作りました。インスピレーションは親友の彼に対するあだ名「阿典R.DEN」から来ています。2010年「亜典ケーキパスワード館」を開放し、ケーキ文化を展示しています。バウムクーヘンの製造過程を見学でき、あなたに「五つ星」ケーキを作る甘いパスワードを教えます。

11波の農場
1991年に成立しました。1995年に食虫植物を中心とした自然農場に転換しました。農場主の波さんは生産、自然、生活の融合を求めて、『簡単で豊か、ロハスシェア、スピリット探索』を標榜し、園芸レジャーの態度を、生活芸術レベルに溶け込ませ、修行の農場として、食虫植物盆栽を販売しています。

12慧燈中学-台湾名人手形館
2004年に成立しました。オープンスペースの名人大道です。台湾各方面で卓越した成果を残した人の手形二十二組が陳列されています。李遠哲、林懷民、紀政等があり、どの手形も本人が押して、伝記が付属し、大御所の姿に刺激されて、郷土を愛する心が生まれることを期待しています。

52台湾食器博物館
2012年に成立しました。現在全世界で唯一の食器をテーマにした博物館です。館内に創設者が収集した2万件余りの台湾と世界各国の食器、陶器と関連芸術品が展示されています。