頭城礁溪

01河東堂獅子博物館
1998年に成立しました。獅子の象徵は迎福、納喜あるいは魔除け、鎮魔に使われます。本館は六千件余りの石獅子作品を収蔵しています。そのうち二千件あまりは石獅子彫塑で、世界クラスのコレクションだといえます。『小故宮』の称号があり、別に日、韓とマレー半島等国の作品があり、獅子文化を深く理解できる芸術殿堂です。

02北関レジャー農場カニ博物館
1998年に成立しました。用地約250坪、甲殻十足類家族を広く収蔵し、合計約五百多種、二千件近い標本と生体があり、全世界のカニをテーマとした博物館のトップです。館蔵は国際学術研究交流に提供されるだけでなく、教育、生態保育と娯楽機能もあります。

03頭城休閒農場
1979年に農場が成立しました。1991年にレジャー農業に転換しました。用地100甲、『おばあさんの家』健康、親切なイメージを強調し、四季によって異なる豊富な生態資源で、人々に現場探索し、農業生産、自然生態及び有機農村生活を体験学習してもらいます。関係企業が酒を造り、生産酒類はすべて自分で生産し、自分で売っています。

04蘭陽博物館
19年かけて、2010年に開館しました。スタイルは東北角景色「単面山」に溶け込み、烏石礁遺跡湿地に位置し、遠東建築賞の栄光を獲得しました。「宜蘭は一つの博物館」という理念をもって、常設展は「山」、「平原」、「海」三階層で、宜蘭全体地理環境、人文軌跡を表わします。

05亀山島漁村文化館
2005年に成立しました。所在地亀山里は亀山島民が集団で引っ越してできたものです。郷愁と、ルーツを忘れないという心から、住民が設置し、亀山島原住住民の歴史沿革と生活型態を表現します。館内では伝統漁村文物が展示されます。古い写真は多くが住民によって寄贈され、典型的なコミュニティ博物館です。

06呂美麗精彫芸術館
2000年に三星天送埤に成立しました。新生代彫刻家呂美麗の作品を展示しています。黄楊木彫刻と黄金彫刻を得意とし、何度も国家クラスの賞を獲得しました。2008年に礁渓芸術館が成立し、郷土、生活、仏をテーマとして、お茶区が設けられ、金彫、琉璃と琥珀芸術品を展示販売します。

51和芳行作業室
1998年創立、我たちは経験豊富で、専業技術と知識の機械技師を持った技師たちを抱え、機械の手入れと修理上、技術がよく、定期的に研修専業課程に参加しました。絶えず最新の技術と情報を吸収して、顧客のためにサービスします。完璧な機械器具で、購入が便利です。