員山

19勝洋水草レジャー農場
民国70年代からウナギ養殖を経営し、80年代に水草を栽培し、90年代にレジャー農場に転換しました。たくさんの水草アイデア商品、水草文化館、水草レストラン、水草専業図書等を次々と発表しました。多元化によって、世界一の勝洋水草は、2009十大名作神農賞を獲得しました。

20可達レジャー羊場 / 蘭陽渓畔
2001年に成立しました。農場主夫婦は1986年に羊を飼い始めました。羊の各種知識に詳しく、現在羊百頭あまりといろいろな可愛い動物を買っています。いろいろなテーマ製品を開発し、毎日新鮮で栄養のある羊乳製品を供給しています。饅頭、クッキー、アイスクリーム等があります。戸外教育に適し、DIY体験イベントも予約できます。

21八甲レジャー魚場
1989年に金魚ニシキゴイ養殖場が成立しました。用地2.2ヘクタール、八甲路にあるために有名となり、次々とアユ、白蝦、苦花魚、チョウザメを養殖しました。2002年にレジャー魚場に転向し、アユ生産量は全国のトップ、チョウザメレストラン、アユキッチンを設置して美食を提供しています。2012年に爵士荘園民宿を成立させ、将来、台湾原生淡水魚類生態館を成立させることを計画しています。

22台水第八区管理所 / 深溝水源生態園区
深溝浄水場の設置は1932年に始まりました。管理制限ゆえに、原始林と渓流の姿が残り、生態、自然、人文と水文資源が豊富です。2004年に全体計画が完成し、2005年からだんだんと入園見学を開放し、ボランティアガイドを育成し、民衆に宜蘭水道水事業発展史を見てもらいます。

23天彫公園石頭家
2009年に成立しました。四人の石愛好家が共同で作り、二、三十年かけて収集した、数千個の大小さまざまな石を展示しています。完全に自然で作られています。特にインドネシアから来た一個数十トンの真黒石は、採石が困難で時間がかかりました。園区は三面を山で囲まれ、静かで、「石の芸術」を感じる絶好の場所です。

24蜂采館 - 蜜蜂博物館
蜂采館へ来ると、知識性、文化性、趣味性で一杯の蜜蜂生態の旅を作り、蜜蜂の不思議な世界を体験できます。館内では戸外生態解説サービスが提供され、取ったばかりの蜂蜜と花粉が楽しめます!!

25鳳凰宿甲虫生態教育館
2006年に成立しました。いろいろな甲虫を展示しています。外国のカブトムシ、クワガタムシ、ヒラタクワガタとカブトムシがいます。館長邱漢良は甲虫が好きなので、積極的に保護育成を行い、初めて「カブトムシ水槽」を作りました。環境に優しく、美しく実用的です。他に「甲虫塗り絵DIY」と夜間観察イベントがあり、自然生態が好きな人にピッタリです。

53香草菲菲 - 太陽湖文化と教育基金会
「香草菲菲」は宜蘭県員山郷横山頭レジャー農業区にあります。太陽湖畔の隣にあり、用地面積3,025坪、室内空間が1,600坪に達し、財団法人太陽湖文教基金会が、宜蘭文化特色を発揮し、文化教育理念を推進し、文化アイデア産業に從事するために、2008年に計画し、101年1月に建設完成し、3月1日に正式開館運営しました。園区は香菲生活事業有限会社と共同経営し、展示、体験、飲食、商品と公共サービス等内容を提供します。知性、文化、教育とレジャーを融合する多元体験空間です。

57宜蘭工房菓風小舖
菓風食品は西暦1989年に創立され、1997年に菓風小舖ブランドを創立しました。"文化のある都市には自分のキャンデー屋がなければならない"という理念を追求し、全国に店舗を推進しています。独特のアイデアと最高の品質で、消費者に愛され、2004年に人気チェーンブランド総統賞を受賞しました。宜蘭の自然に魅せられ、Sophiscaはキャンデー工房を作り、自己学習しながら、飴づくり工芸を普及させることを願っています。ですから別に体験課程、手作り飴実演を設け、地元民でも旅行者でも、宜蘭へ来て、ついでに童心に戻って、小さな甘い幸福を体験す。