蘇澳

41蝋芸観光工場 / 絵付け.DIY.創意成品製作
1990年に工場を作り、クレヨンを生産し始め、2008年「蝋芸絵付け館」が開館しました。全国で初めてクレヨンをテーマにした観光工場で、落書き区、色鉛筆とクレヨンDIY区、ボディペインティング区があり、各種鮮やかなクレヨンと絵画技法を紹介、販売し、娯楽と知識性を兼ね備えた色彩アイデア天国です。

42宜蘭餅発明館
糕餅達人劉鐙徽は伝統を覆し、0.1センチの超薄牛舌餅を開発し、ブランド『宜蘭餅』を作り、経済部に年度台湾十五大美食おみやげに選ばれ、全国で初めて地元人文、教育、レジャー旅行を融合した旗艦級糕餅観光工場を作り、2011年に優良観光工場認証を獲得しました。

43白米ゲタ村
白米コミュニティ発展協会は1993年に成立しました。この地は石油会社、コンクリート工場と鉱石工場と隣り合い、居住品質が悪かったのですが、伝統ゲタ産業振興を通して、絶望の村落を希望のコミュニティに変え、白米ゲタ村を台湾コミュニティ産業建造の見本にしました。コミュニティ建造の物語は進行中です……。

44碧涵軒ミカドキジ生態館
2001年に成立しました。館長張漢欽はひょんなことで山産店からペアの怪我をしたキジを貰い受け、台湾特有キジ科鳥類の保護に乗り出しました。園内にはミカドキジ、ニジキジ、コシアカキジ、ジュケイ等数十種の珍しい鳥類がいて、「羽毛館」が設置され、民衆に鳥類生態、生息地保護を教え、これらの美しい種を永続させます。

45渓和三代目
元々亀山島に住んでいた簡氏家族は、三代ずっと漁業に從事し、伝統的な漁業小屋から、HACCP認証の優良冷凍食品工場に成長しました。2007年に観光工場を成立させ、渓和の物語、漁業道具模型と加工現場ビデオを展示しています。そのうち台湾ヒノキで作られ、60年以上の歴史のある古いはしけは工場の宝です。

46無尾港文教促進会
1997年に成立しました。『自然生態保育、文化教育普及』に関心を持つことを宗旨に、無尾港水鳥保護区は台湾本島で最初の保護区です。本会は網を引きほら貝を吹く精神で、生態旅行と環境教育を普及させ、バードウォッチングガイド解説予約サービスを提供し、毎年サマーキャンプを行い、石板屋民宿を設置しています。

47港邊社區
港邊社區發展協會成立於1994年,自2000年開始推動社區營造,提出『無尾港生態社區』的願景,推廣『慢食、樂活』的生態旅遊,開發在地特色的紀念品,提供鼎邊趖、彩繪石頭魚、生命年輪、植物染及柴燒窯披薩DIY等服務。

48珊瑚法界芸術館
1999年に成立しました。南方澳の珊瑚産業がかつて世界一だったのに、国内では知っている人が少ないことに感じて、館長頼栄興は数十年累積した珊瑚彫刻作品を開放展示し、民衆に珊瑚生態及び台湾珊瑚産業発展の歴史を知ってもらいます。ガイド解説、珊瑚加工ギフト、関連出版品販売を提供しています。

49三剛鉄工場文物館
1962年、廖心賀、馮輝通と林添金は共同で三剛鉄工場を作りました。南方澳漁港で非常に有名で、2004年に停止するとき、廖心賀の長男廖大慶は、早世した父親への懐かしさと、先輩が世話してくれたことに対する感謝で、鉄工場をレンタルして、一風変わった地方文化館を開きました。

50後山公路文物館 / 公路總局第四区養工所
2011年に成立しました。公路総局第四区養護工程所は後山公路建設過程を記録保存するために設けられ、道路、橋梁、トンネルをテーマとして、それぞれ写真、実物、模型で表現します。1949年以来、後山公路築路修橋の大変な歳月を物語り、先人の苦労に堪える精神を懐かしみ、同時に公路文化の精神を表現します。