クリエイティブスペース

 

員山機堡

戦争場面を模倣した展示館 員山機堡はかつて員山地区の重要な軍事施設でした。今は戦争展示館に変わり、「現代」と「過去」を展示しています。

員山はへんぴで、後山に隠れているので、日本統治時代に日本人がここに各種トーチカ、機堡、坑道と駐兵キャンプを設置し、軍事訓練に従事し、既存の障壁としました。そのうち員山機堡は神風特攻隊が竹飛行機を隠した場所で、米軍の爆撃を免れました。

現在私たちが見ている員山機堡はすでに元の姿ではなく、田中央建築グループが新しく計画して、戦争展示館に変わっています。内部構造は既にトンネル型の展示空間に改造され、館内には現在擬真施作の竹製戦闘機が置いてあります。画像、文字によって「現代」と「過去」、戦争時人々の共同記憶と、戦争の自己歪曲の矛盾を展示しています。多くのお年寄りの口述と、日本軍防御地図を構造に吹きつけ、戦時坑道の緊張、混乱した雰囲気を再現しています。

機堡には神風特攻隊の飛行機に似せた花園がデザインされ、隣の産業道路には飛行機が機堡に着陸する専用道が残されています。全体規模は大きくありませんが、歴史場面がリアルに表現され、民衆を引き付けます。もし員山を通ることがあれば、員山機堡を見学するのを忘れないでください。